マリアかあさんとの出会い

私がマリアかあさんと出会ったのは半年ほど前。
私の愛犬が亡くなってしまい、
ペットロスからうつ病になった時でした。

 

私はある神社の近くで旅館を経営しています。
私の愛犬が病気になった時は
ちょうどその神社で式年遷宮があり
宿は平日閑散期でも常に満室でした。

 

 

かつて経験したことない多忙さに
私は体の限界が来ていました。
そんな時に、突然愛犬がガンに。

 

でも、私はその時旅館のことで手一杯。
愛犬を見てあげる時間がほとんどとれず、
入院させるのがやっとで、自分で看病できませんでした。

 

だから愛犬がガンで亡くなった時、
「なんでもっと世話してあげられなかったのか」
それがもう悲しくて仕方なかったのです。

 

 

式年遷宮が落ち着いた冬、
マリアかあさんは旅館のお客様として
私の前に現れました。

 

サイキッカーとしても有名な彼女は
お部屋回りに伺った私を見るなり一言、
「さぞお辛かったでしょうね」と。

 

いやしくも接客業で身を立てている私。
お客様の前で鬱を気づかれたことはなかったのに
マリアかあさんには数カ月前の私の映像が見えてしまったそうです。

 

その時、どっと泣き崩れてしまったのを覚えています。

マリアかあさんの能力

マリアかあさんは、並のサイキッカーではありません。
石や植物と話したり、スプーン曲げたりは当たり前。

 

 

旅館に霊道(幽霊の通り道)があるからと、
くいくいスッ…っと、霊道をずらしてくれました
そのおかげで、ロビーの空気が
なんだか明るくなったのです。

 

嫌なお客さんが来てなんかイライラしていた私でしたが
原因の一つはこの霊道にあったと聞き、しばし唖然。

 

 

 

そんな彼女ですが、一番得意なのは
アニマルコミュニケーションだということでした。
なんと、(生死を問わず)動物とも会話できるのです。

 

私が鬱なのがわかったのも、
私の死んだ愛犬が私を心配そうに見つめていて
そこでマリアかあさんが私の愛犬と話したからだとか。

 

もし愛犬と再び語り合えるなら
ろくに看病してやれなかったことを
ただ詫びたい…そう思っていた私は
マリアかあさんにある施術をお願いしました。

 

 

その施術とは、「虹の橋リーディング
なくなった愛犬の魂をマリアかあさんが呼んで
手の上に載せて会話してくれるのです。

 

普通に聞いたら絶対胡散臭いと思う私も、
目の前で数々のサイキック能力を目の当たりにし
しかもマリアかあさんの人柄もわかっているので
「この人なら・・・」とすがるような気持ちでした。

 

 

 

※ちなみにマリアかあさんなんですが、
写真うつりはあまり良くないので(失礼)
ちょっとこわいおばちゃんに見えるんですけど、
話してみると彼女の魅力がわかります。

 

 

逆に実際にお会いしないと、
魅力が伝わらないんじゃないかな〜、と
若干勿体無いような気がしています。

話せてよかった

施術の内容は…号泣してしまい
書くのも恥ずかしいのですが、ざっと書くと

 

■うちの愛犬は今幸せに暮らしている
■私が来るまでずっと待っている
■元気がない私を心配している
■苦しかったけど、私と一緒にいるだけで幸せだった。

 

こんなところでしょうか。

 

驚いたのが、私と愛犬しか知らない
恥ずかしいこととかまで言い当てられた
こと。
「えっ…そんなことまで見てたの??」
って、マリアかあさんの前で赤面・・・。

 

 

そして一番感動したのが、私の愛犬のエネルギーを
私の手の上にポンっと乗せて下さった時です。

 

理屈ではわからないんですけど、
確かにそこには懐かしい空気感が。
見えはしないものの明らかにうちの子が「いました」。

 

かあさんのおかげで私は、
あの子を心配させないためにも
強く元気にならねばと思えるようになり
今ではだいぶ鬱も改善しています。

 

ペットロスに苦しむ方には
ぜひマリアかあさんのコンサル?を受けて欲しいです。

 

言葉にはできないんですけど、
体感すれば明らかにわかります。

 

 

 

そんなマリアかあさんですが、ITは苦手のご様子。
なので、私がマリアかあさんの代わりに
彼女の素晴らしさを伝えるべく奮闘しています。

 

 

私も宿のHPを作るのがやっとのレベルですが・・・
でも少しでも多くの人に彼女の素晴らしさを
知ってほしいと思うんですよ。

 

うちの旅館にマリアかあさんが来てくれた。
これも偶然ではなく必然だと思うのです。

マリアかあさんの願いとは

マリアかあさんは犬のしつけ教室や
サイキッカー養成、そしてアニマルコミュニケーター養成もしています。

 

彼女の能力に惚れ込んでしまった私は、
思わず「私もなれますか?」って聞いてしまいました。
私もペットロスで苦しむ人を救いたかったのです。

 

そんな私にマリアかあさんは、自分の夢を語ってくれました。

 

殺処分されるペットが0になる世界を作りたい。
犬を家族の一員と考えてくれる飼い主を増やしたい。
(犬を機械的にみなすしつけ師も多いそうです)

 

 

動物と話せるサイキッカーが増えれば、
動物をモノとみなす人は大幅に減るはず。
彼女はそう考えているとのことです。

 

そしてそんな彼女の志に賛同してくれる人なら
喜んでアニマルコミュニケーター養成もしてくれるとか。

 

数十万円払って犬のしつけ師に
しつけを頼んでも、全く犬との関係性が
改善しない話を多く耳にするのですが、
そんなお金があるのなら、よほどマリアかあさんに
アニマルコミュニケーターの技術を学んだほうが良いです。

 

 

 

ただ、アニマルコミュニケーターといっても
本当なのか、胡散臭いetcと思われる方も
結構いらっしゃると思います。
現に私もwebの情報だけでは信用しなかったですし。

 

そんな方はマリアかあさんの
スカイプを使った遠隔個別セッションか、
あるいはだいたい月一回開催するお茶会
どちらかに参加されてみてはどうでしょうか。

 

その上でマリアかあさんを信頼できるのであれば
アニマルコミュニケーター養成をお願いしてみればよいかと思います。

更新履歴